大阪でゴミ屋敷に困っている人を救ってくれる存在こそが専門業者

ゴミ屋敷

ゴミ屋敷を作りやすい人の食事

リモコンを取ろうとする人

空き缶や食器、洗濯物、雑誌に日用品など部屋に物がいっぱいのゴミ屋敷は、ニュースで取り上げられることもある程問題になっています。ゴミ屋敷を作ってしまう人は様々いますが、どのような人がゴミ屋敷を作るのか、今回は食事面からお話します。特徴としてまず挙げられるのは、カップラーメンやスナック菓子を食べることが多く、自炊をすることがほとんどありません。
お湯を入れるだけのカップ麺、買って帰ればすぐ食べられるお惣菜やパン、菓子類など気軽に食べられるものを好む傾向が多いです。自炊を面倒くさがってやらず、気軽なものに頼ってしまいます。そしてそのまま、食べ終わった容器や袋を置きっぱなしにしてしまう人がゴミ屋敷を作りやすいです。
ゴミを放置して、何日も過ごせるなら要注意です。また、自分の食事に気を遣わないという特徴もあります。普段の食事をカップ麺やお菓子だけに頼っていると、不健康になるのは想像がつくかと思います。
そういう人は自分の食事に気を遣わないので、健康に対しての関心も薄く、運動をする機会も少なく、体を動かすことが億劫です。運動するのはまだしも、そのうちゴミを捨てるのも億劫。そうなるとゴミ屋敷を作る第一歩になります。「楽だから」「好きだから」という理由だけで食事をすると、ゴミ屋敷を作る可能性があります。ゴミ屋敷を作る人にならないため、何より自分の健康のために食事することは大事だと思います。

NEWS